友懇塾へようこそ

塾長の挨拶

皆さん、こんにちは。理事長の井内清満です。友懇塾は、非行問題を抱えた少年の立ち直り保護者や学校と一緒に関わりながら支援している団体です。1988年に私が当時の校長先生と少年の立ち直り支援を始めたことがきっかけで始めました。その後、警察や学校などの関係機関と連携しながら少年の立ち直り支援を積極的にかわっています。平成16年からは千葉家裁と協働しゴミ拾い活動や里山整備活動などを行っています。少年の立ち直りには少年だけに関わってはだめです。家庭や学校など多くの人たちにかかわることが子供達を非行から守る一番の方法だからです。

最新情報

2019年8月の情報

一人ひとりの気持ちにより添う

日程:2019年8月4日

今月8月1日発行の「広報もばら」にちば南東部地域若者サポートステーションが掲載されました。

こうした広報で市民の一人ひとりに理解を得ながら一生懸命立ち直り支援と就労支援を行っていきます。皆様の益々のご協力とご理解賜りますようお願い申し上げます。

2019年8月の情報

J:COM千葉人図鑑放映

日程:2019年8月13日

先に報告したJ:COMで放映された「千葉人図鑑」がやっとYouTubeで視ることが出来る様になりました。第41回千葉市民花火大会について私が「花火コーディネーター」としてお話ししています。多くの人にご覧いただければ幸いです。
多くの人とかかわり世の中を俯瞰してて見てくると、どうしたら良くなるのかどうしたら街が良くなるかなど見えてきます。人のために底辺から物事を見ていると何でも出来る様になります。私はそのかかわりが大好きです。
ネットで井内清満 千葉人図鑑 で視ることが出来ます。♯29です。

2019年7月の情報

子どもの悩みに寄りそう

日程:2019年7月31日

8月3日(土)に行われた千葉市民花火大会は天候にも恵まれ大成功の内に終わることができました。今回は、花火大会の準備に手伝ってくれる若者について7月31日朝日新聞朝刊千葉版に掲載されましたのでご紹介します。お読みいただければ幸いです。

2019年7月の情報

正規雇用へ積極的な支援を

日程:2019年7月14日

朝日新聞朝刊千葉版に掲載された記事をUPします。報告したつもりでいましたがしていないのが分かったので改めてお知らせします。〇〇県の支援センターに相談した少年はハッキリした答えも得られず困惑していた。病院にも行きうつ病と診断された若者は働くことに不安を覚え生まれ故郷の千葉県に戻ってきた。ネットで検索し私にたどり着いた。そんな少年のことを記事にしたのが今回の内容です。
人に寄り添う強い気持ちを持たなければ対応できないのに・・・!

2019年6月の情報

ご挨拶

日程:2019年6月14日

今晩は、本日県紙千葉日報に私の記事が掲載されたのでUPしますのでお読みいただければ幸いです。

2019年6月の情報

テレビ出演しました

日程:2019年6月23日

今晩は
先日、J:COMの番組で小島よしおさんMCの「千葉人図鑑 ♯029」に出演し千葉市民花火大会の花火についてお話ししてきました。7月下旬に放映されるようですのでお時間があれば視て下さい。また放送後にユーチュープでもご覧いただけるようです。